一国傾城篇

徳川定定の失脚により、現将軍・徳川茂茂の勢力が弱まる。それにより一橋派が勢いを持ち、事実上の次期将軍争いが始まる。
狙われる茂茂を護衛しようと、御庭番衆と真選組、そして万事屋が集まり、茂茂逃亡のため陽動作戦を開始。
次々と敵を退けていき伊賀の里に逃げ込むが、そこへ最強の戦闘種族「夜兎」の軍勢が襲いかかる ―。

TOP