一国傾城篇

伝説の花魁、鈴蘭太夫の待ち人を探していた月詠と銀時たちは、江戸城を訪れる。
しかし鈴蘭、そして待ち人である六転舞蔵を邪魔していたのが、先代将軍の徳川定定だったことが判明する。

同じ頃、佐々木異三郎が何者かに刺されたことにより、濡れ衣を着せられた銀時たちは真選組に助けられ、定定を倒すため「国盗り合戦」を開始する ―。

TOP