一国傾城篇

春雨と結託した一橋喜々の手によって、新しい幕府が誕生する。
これにより真選組は解散、局長の近藤勲は海上の牢獄・黒縄島に捕らえられた。
近藤の想いに応えるため、助けたい気持ちを抑えていた土方、沖田であったが、桂率いる攘夷浪士と万事屋の説得により黒縄島へ向かうことを決意。ここに決死の反逆の火蓋が切られた ―。

TOP